壁紙内の有害物質「ホルムアルデヒド」について

query_builder 2020/10/20
ブログ
かべがみ太郎 チタンコーティング ホルムアルデヒド

「シックハウス症候群」


どこかで聞いたことのある言葉じゃないでしょうか?

ホルムアルデヒドはヒトの粘膜を刺激するため、目がチカチカしたり涙が出る、鼻水が出る、のどの渇き・痛みやせきなど、シックハウス症候群の原因となる代表的な化学物質です。


消毒剤や接着剤などに含まれていて、小さいお子さんのいるご家庭には心配な物質ですよね。


もう少し詳細に書きますと…

ホルムアルデヒドは、私たちの身近で多く使用されている化学物質です。主な用途として、合成樹脂の製造原料、消毒剤、防腐剤、接着剤、医薬品等が挙げられます。

ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因物質の一つです。家具や建材に使用されている接着剤に含まれるホルムアルデヒドが室内に拡散した場合、粘膜刺激やアレルギーを引き起こす可能性があります。


こんな厄介な物質、当然家庭内や体内には取り込みたくありませんよね。

最近の接着剤などはこのような物質の排除・軽減に努めていて、気にしなくてもよい(健康に害が出るような)レベルになっているようです。


かべがみ太郎 チタンコーティング 壁紙 抗菌

現在の「ホルムアルデヒド」は、平成15年7月から使用する面積などに制限がかかり、機械換気の設置が義務付けられております。


ただし、まだ家庭内に「ホルムアルデヒド」潜んでいるかもしれません。

室内での主な発生源は「合板」です。住まいには壁、天井、押入、床フローリングなど多くの場所に合板が使用されています。

また、タンスや食器棚など木製家具にも多く使用されています。最近の建材は、ホルムアルデヒドの使用を抑えているため、放散量自体それほど多くありません。しかし、数年前まで樹脂や接着剤の原料として広く使用されていたため、10年以上経っても放散が続くことがあります。


こんな「ホルムアルデヒド」ですが、弊社が使用しております「かべがみ太郎」チタンコーティングは、このホルムアルデヒドを100%取り除くことができます。

丸ごと表面にコーティングして除菌しますので外に出てくることはありません。


現在は施工サービスキャンペーンもしております。

金額もかなり安く設定しておりますので、ぜひご相談ください。

NEW

  • 壁紙内の有害物質「ホルムアルデヒド」について

    query_builder 2020/10/20
  • 埼玉県川越市で壁紙のリニューアルをしています。

    query_builder 2020/10/09
  • チタンコーティングとウィルスについて。

    query_builder 2020/09/25
  • query_builder 2020/09/07
  • 群馬県のレトロ自動販売機巡り…

    query_builder 2020/08/26

CATEGORY

ARCHIVE